Cross Currents Home
サーチ:
資料 | 当サイトについて | English site
ホーム 日本について学ぶ 日米について学ぶ 米国について学ぶ

ボロンテアー
ボロンテアー
  1. 平和部隊:米国政府ボランティアプログラム
  2. 平和部隊:米国政府ボランティアプログラム
  3. フードバンク:食糧銀行
  4. ボーイスカウト/ガールスカウト
  5. リサイクル
  6. PTA:保護者と教師の会
  7. NPO:非営利団体
  8. ネイバーフッド・ウオッチ:地域住民による自警団
Listen in 英語 | 日本語 言語:  英語 | 日本語


リサイクル
アメリカ人はどの国よりも多くのゴミを排出しているため、リサイクルが義務づけられている地域もあることには、驚かないでしょう。リサイクルすることによって、私たちは使ったものを再度使うことができます。使用済みの缶を新しい缶に、古い紙から新しい紙をつくることができます。リサイクルすることによって多くの利益があります。例えば、ゴミ廃棄場はゴミであふれており、大変見苦しく、近所の人々も迷惑です。リサイクルすることによって、ゴミ処理場に投棄されるゴミの量を減らすことができるのです。また、紙をリサイクルすることによって、紙を作る際に必要な木や水も節約できます。グラスや、電話帳、オフィスで出された紙、アルミ缶、アルミホイル、などもリサイクルできるものです。 今日では、アメリカ人の30%がリサイクルプログラムに参加しています。家族、学校、企業が、缶、ボトル、新聞など多くのものをリサイクルしています。ゴミは分別され、それぞれ指定のゴミ箱へ区別され、そしてリサイクル場へ持っていかれます。リサイクルプログラムは多くの地域で義務付けられ、リサイクルしない住民は罰金を取られることもあります。多くの家庭や、クラブではお金をためるため、缶やボトルを集めます。地域住民はリサイクリングセンターの特別な機会を使って、これらの缶やボトルを換金できるのです。
ポッドキャスト ダウンロード:  英語 | 日本語
文書 | ビデオクリップ | 図表 | 写真 | 地図